新着情報

2016/05/25 平成28年度の催し物などのご案内を掲載しました。
2016/04/25 長岡京市埋蔵文化財発掘調査資料選(六)を刊行しました。
 長岡京市は歴史豊かな土地であり、数多くの埋蔵文化財が発見されています。『長岡京市埋蔵文化財発掘調査資料選』はこれまで充分な成果報告がなされていなかった重要資料をまとめたものです。

刊行物の概要:
■書名:長岡京市埋蔵文化財発掘調査資料選(六)
■配布:販売はしていません。
(表題の文字をクリックすると該当ページに移動できます。)
2016/04/25 センター年報平成26年度を刊行しました。
 当センターでは、各年度の発掘調査事業などをまとめた『長岡京市埋蔵文化財センター年報』を毎年刊行しています。今年は、平成26年度に実施した事業報告、長岡京跡などの発掘調査成果をまとめた年報を刊行しました。

刊行物の概要:
■書名:センター年報 平成26年度
■配布:販売は予定していません。
(表題の文字をクリックすると該当ページに移動できます。)
2016/04/04 第62回文化財講演会を開催しました。
2016/04/04 平成28年度の事業計画を掲載しました。
 平成28年度長岡京市埋蔵文化財センターの事業計画をご覧いただけます。
(表題の文字をクリックすると該当ページに移動できます。)
2016/02/15 「まいぶんミニ展示」6を開催しています。
 出土遺物をそのままにしておくと形が損なわれて消滅する金属製品や木製品の中から、専門機関で保存処理された長岡京期の木製品と金属製品を合計24点公開します。
 この中には、平成24年度の左京第557次調査で出土した漆紗冠(古代の冠)と、漆塗りの容器があります。漆紗冠は、頭部の綴じ合わせ部分が良好に残された状態で保存処理しており、漆塗りの容器は破片を接合して元の形状がイメージできるように立体的な修復が行なわれています。このほか、木製の独楽、檜扇、木沓、円座、漆器合子、鉛製分銅、銅製の鈴、素文鏡などがあります。こうした資料を保存処理することで、未来に活かし伝えていくことができるようになりました。


展示の概要:
■展示期間:平成28年2月16日から平成28年5月31日(予定)
■展示内容:長岡京の条坊側溝や井戸、柱穴などから出土した木製品と金属製品の中から保存処理された計24点の遺物と、発掘調査の写真パネル、保存処理の作業手順などをパネルで展示しています。
■展示内容の変更:展示内容の大きな変更がある場合、当センターのホームページにてお知らせいたします。

表題の文字列(緑色の文字)をクリックすると該当ページに移動できます。
関連リンク:イベント
2015/12/03 平成27年度 特別企画展「長岡京の銭貨」を開催しました。
2015/12/03 第61回文化財講演会資料をダウンロードしていただけます。
2015/11/13 井ノ内車塚古墳第8次調査の現地説明会資料をダウンロードしていただけます。
2015/11/13 井ノ内車塚古墳第8次調査の現地説明会を開催しました。
2015/11/12 市内の中学生が職場体験に訪れました。
2015/09/30 第61回文化財講演会を開催しました。
2015/08/07 夏休み歴史教室「和同開珎を染めよう!」を開催しました。
2015/06/11 平成26年度長岡京市埋蔵文化財センター決算書類をダウンロードしていただけます。
2015/05/08 長岡第六小学校6年生がセンターの見学に訪れました。
 平成27年5月8日、長岡第六小学校6年生49名が校外学習の一環として埋蔵文化財調査センターの見学に訪れました。
 生徒のみなさんは、市内各所から出土した土器や埴輪などの展示や作業棟で行われていた遺物洗浄作業の様子を興味深く見学されていました。
2015/04/09 当センターの組織図を更新しました。